LGBTの私が救われた、宝塚歌劇のこんな魅力

LGBTの私が救われた、宝塚歌劇のこんな魅力


宝塚の魅力について、きらびやかな舞台や衣装を挙げるかたは多いですよね。私も、もちろんそう思います。

そうした一般的魅力に加えて、LGBTとして個人的に、宝塚歌劇を知って救われたこともありました。

今回はセクシャルマイノリティに関する話題になりますが、今までほとんど書いてこなかったテーマでもありますし、この際、自己紹介も兼ねて書いていこうと思います。

私の性別について

これまで一切触れてきませんでしたが、私は身体が女性で、性自認は中性(男女どちらでもない)のXジェンダーです。

Xジェンダー
男女どちらかの性別、またはいずれの性別でも括れない人たちのこと。中性、両性、無性など、人により様々。

恋愛対象は女性ですが、自分の性別を男女どちらでもないと認識しているのでレズビアンではありません。

言葉を知ったのはつい数年前でしたが、振り返るに、小さな頃からそうだったと思います。

そんな私が出会った宝塚歌劇は、いったいどんな風にして目に映ったのでしょうか。

「男役」という未知の存在

私は「女らしく」という言葉が嫌いです。

年頃になるとそれが「化粧をするのは最低限の女としての社会的マナー」みたいな、もうどうしようもなく大きくなってのしかかってくる。ほんっと面倒くさかった。

服もそう。「これいいな」と思うデザインは、ほぼ全てメンズだし、好きな服を着ているだけで「ちゃんとした(女らしい)格好をしなさい」とか言われることも少なくなかったのです。

が、まずその辺りの認識が改まりました。

一言で表すと、カッコよくなるための身支度を知れたんです。

それまで、化粧というのは女性が女性らしくなるためのものとしか知らなかったので、男役さんの素顔を見たときの衝撃はものすごいものだった。

だって、オフでもカッコいい。

あ、舞台化粧ではなく、もちろん普段化粧ですよ。

メンズものでなくとも、どんなアイテムを使えば「女性らしさ」からほどよく抜け出せるかを知ることもできました。

もっとも、あのかたがたは職業だからそうしているわけですが、それでも私にとっては大きな発見だったんです。

別に女らしくするためにおしゃれしなくていいんだ、って、ストンと腑に落ちた感覚でした。

それまで抵抗のあった化粧を、これがきっかけで受け入れられるようになったことは、かなり大きなことだったと思います。

「らしさ」って何なのか

自認している性別とは違うのに、男らしくしなさい、女らしくしなさい、とつつかれて、自分の在り方に悩むセクシャルマイノリティのかたは多いです。

様々な運動が行われているおかげもあって、段々と認められつつあるわけですが、いまだ充分な理解には程遠いでしょう。

そんな中ですから、社会では、どうしても価値観の擦り合わせが必要になることもあります。

いかに自分を苦しめず、順応できるか。

今回書いてみた私の体験は、それこそが一番むずかしくて、しかし生活する上で重要なんだろうなと感じた出来事でもありました。

LGBTの私が救われた、宝塚歌劇のこんな魅力



鏡が参考にしている電子書籍
『自由な人生を手に入れる教科書』

私はブログを収益化するにあたって、だいぽんさんの事細かな「思考」や「感覚」を参考にしています。

だいぽんって誰?というかたはこちら

この書籍では、ネットでビジネスを行うにあたっての基本的な考え方を学べます。とても親しみやすい語り口なのでサクサク学べること間違いなし!

現在無料キャンペーン中とのことです。乗り遅れないうちにぜひどうぞ。




2 件のコメント

  • 宝塚はコウさんに夢を見させただけではなく、「らしさ」のヒントを教えてくれたのですね!
    子供の頃を振り返ると、私もそうだったのかも知れません。小学校に上がる時も黒いランドセルを希望したのにダメと言われ、「なんでアンタはズボンばっかり履きたがるの?髪を伸ばさないの?お母さんは娘に可愛い服を着せて連れて歩くのが夢だったのに」と言われ・・・。
    私の場合、参考にしたのは男役さんのOffの髪型ですかね!ガーリーでもなく、野郎風でもなく、いい感じのショート。
    私もコウさんのようにXジェンダーなのかも知れませんし、ただの女でメンズファッションや短い髪型を好むヤツなのかも知れません。
    調べれば調べるほど分かんなくって、人間ってカテゴリに属していればいいや、と思うこの頃ですw

    • コメントありがとうございます。

      「らしく」いないと認めてもらうのが難しい、というのは、どうしても嵌まれない人たちからすればそれだけで生きづらいんですよね。だから、宝塚を知らなかったら、私はもっと苦しかったと思います。

      Xジェンダーだとかセクシャルマイノリティだとか、そういう言葉が使われなくなるくらい、どんな性別でも人間として当たり前に居られる世の中になるといいなあ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    ひたすら90年代の宝塚歌劇を愛する。文章を書くのが好きな20代。身体は女性、性自認は中性なXジェンダー。恋愛対象は女性です。パニック障害とうつ病を克服中。