au HTV32 HTC10の使い心地は?


こんにちは、鏡です。9月の後半にスマホを機種変更して、約2ヶ月が経ちました。

以前使っていた機種のバッテリーが膨らんで液晶が浮いてきてしまったため、そろそろ買い替え時かな、と思い発売日から目をつけていたHTC10に選手交代。

もう見た目からして素晴らしい。アルミを削り出したメタルボディが恰好よくて、私は一目惚れしました(笑)

ちなみにHTC10に変える前は同じくHTC社のHTC J Butterfly HTL23を愛用していました。こちらもとても良い機種です。

HTC10 vs HTL23

まずは、そもそも私が使っていたHTL23と今回購入したHTC10では何がどう異なるのか比べてみました。

HTL23 HTC10
バッテリー容量 2,700mAh 3,000mAh
充電時間 約120分 約90分
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約70 × 145 × 10mm 約72 × 146 × 9.2mm
(最厚部10.1mm)
メモリ 内蔵(ROM/RAM)
32GB/2GB
外部microSD
/SDHC/SDXC
(最大128GB)
内蔵(ROM/RAM)
32GB/4GB
外部microSD
/SDHC/SDXC
(最大200GB)
ディスプレイ 約5.0インチ
Super LCD3 Full HD
約5.2インチ
IPS Super LCD
重量 約156g 約161g
カメラ メイン
約1300万画素 CMOS
サブ(イン)
約500万画素 CMOS
メイン
約1200万画素 CMOS BSI
サブ(イン)
約500万画素 CMOS BSI
連続通話時間 約1010分 約1590分
連続待受時間 約490時間(3G)
/約430時間
(4G LTE/WiMAX 2+)
約390時間
(4G LTE/WiMAX 2+)
防水/防塵 防水(IPX5/IPX7)
防塵(IP5X)
防水/防塵(IP53)
FeliCa対応 ×
ワンセグ対応 ×

数字ばかり並ぶと分かりづらいところもありますね。

バッテリー周りと、手の感触

バッテリー容量が多くなると充電時間が長くなったりバッテリ自体が大きくなることで、スマホのサイズも比例して大きくなったりします。例に漏れずこの機種に関しても、ちょっとだけ大きくなってますよね。

ただ、手に持った感じ、特に気になることはありませんでした。そもそもが、HTL23もHTC10も女性は片手で操作するのが難しいです。私は両手で操作しています。

また、充電時間に関してですが、こちらは30分も短縮されています。これはあくまで急速充電に対応したUSBケーブルとコネクタを使用したうえでの数値です。本体を購入すると丸ごとついてきます。

充電があっという間に終わるので、忘れてた!スマホの充電しなきゃ!って時にものすごーく役立ってます。

USB端子の形状が変わった!

Micro-B

よく見るandroidスマホのUSBは上の画像にあるMicro Bという形状です。一方、HTC10で使われているのはType Cという比較的新しい形状となっています。

Type-C

画像で分かる通り、端子に裏表がないので、挿し間違いによるストレスがなくなります。

HTC10以外にもType Cを採用するスマホが少しずつ増えてきました。将来的にはこれがメジャーな規格になっていくように思います。

音質は?

ざっくりとした比較をします。

スピーカーに関してはHTL23の方が聞こえ方のバランスがいいです。HTC10だと、音の鳴り始めがやたら小さく聞こえる現象がちょくちょく発生してます。小さくクエッシェンドしていくみたいな…。設定は特にいじってないので、仕様なんでしょうか。

次に、イヤホンの音質について。これはHTC10の方が好きです。各音域の聞こえ方なんかを自分の好きに調整できるのでとても心地いいです。

外付けのスピーカーやヘッドホン、イヤホンを使って音楽を聴くよ!ってかたには、HTC10、オススメです。逆に本体のスピーカーをよく使うというかたはちょっとモヤッとすると思います。

カメラ、液晶の画質は?

まず、CMOSとかCMOS BSIについてですが深く考える必要はなく、この数字が高ければ高いほど画質がいいです。そんでもってBSIの性能のが上です。

上の表で画素数だけ見るとHTC10のメインカメラ、画質よくないの?となってしまうかもしれませんが、こちらはCMOS BSIを採用しているので体感では、むしろ画質が良くなっています。インカメラも同様です。

次に、ディスプレイに関して。画質はとてもいいです。ただしその分、電力を消費しています。

HTL23と比べて連続待ち受け時間が短いのはこれが原因の一つだと思います。画面精度を下げたり、省電力モードを上手く活用することが充電を長持ちさせる秘訣でしょう。

選ぶ際の決め手は?

私といたしましては、おサイフケータイやテレビアプリを使用しないのであればHTC10はものすごくオススメです。

この機種はFeliCaに対応していないため、おサイフケータイが使えないのはもちろん公共交通機関のICカード機能が使えません。つまり、スマホをピッとかざして改札を通ったりスマホをレジでピッとして買物は出来ないのです。

NFC自体は搭載されているのでICカードをかざして残高確認くらいはできます。

どうしてもFeliCaを使いたい、というかたはAndroidに拘らなくともApple Payが使えるiPhone 7を選ぶのもアリですね。私がショップへ機種変更しに行ったのがちょうどiPhone7発売日でどうしようかなあと直前まで悩みました。

結局Androidのままにしたのはファイルのダウンロードだとか使えるアプリだとかそういった利便性が理由です。そこを考えちゃうと、もうiPhoneには戻れないかなあ…。

まとめ

不満といえば、前述したスピーカーとアクセサリの数が少ないことくらいですね。

防水もほぼ無いに等しいので、雨とか気をつけなきゃなぁ、と思います。雪国の皆さんは雪にも注意が必要ですね…。

あとは満足。もう、見た目が恰好いいから少しのことは許しちゃう。

HTL23で撮影したHTC10の画像

(HTL23で撮影)

以上、HTC10についての感想でした。

年内にOS Android7.0へのアップデートが来るとの噂もあるので、ヌガーへのアップデートをいつまでも待ち焦がれながらまだまだ使い倒そうと思います。2017/4/19にやっとヌガーが来ました。

ちなみにこの機種、すでに生産完了したとの噂を聞きましたので迷っているかたは、在庫が無くなる前に早めの機種変更をオススメします。

それでは、ここまでお読み頂き、ありがとうございました!


鏡が参考にしている電子書籍

私はブログを収益化するにあたって、だいぽんさんの考え方を参考にしています。ネットで何かしよう!という人にとっては、事細かな「思考」や「感覚」に気づくことができて、とてもタメになります。

以下の考えを捨てきれない人は読まないでください。
・労働が好きな人
・お金は汗水たらして得るものだと考える人
・たとえ障害を持っていても労働をすべきだという人

だいぽんさんは、学生の頃に両親がパチンコで大きな借金をして、過酷な生活を強いられていました。そこから半年で100万円稼ぎ、27歳の頃には年商1億もの大金を稼ぎだした、とんでもない人です。

ネットでビジネスを行うにあたって、収入源を分散させる…などといった基本的な考え方を学べます。

とはいえ、とても親しみやすい語り口なのでサクサク学べること間違いなし!

現在無料キャンペーン中とのことです。少しでも自由な人生に憧れるかたは、乗り遅れないうちにぜひどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひたすら90年代の宝塚歌劇を愛する。文章を書くのが好きな20代。身体は女性、性自認は中性なXジェンダー。恋愛対象は女性です。パニック障害とうつ病を克服中。