和装好きでLGBTな管理人が情報発信するブログ

管理人のプロフィールはこちら

アメショ?スコ?な、うちの猫

 
  2018/04/18
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ひたすら90年代の宝塚歌劇を愛する。文章を書くのが好きな20代。身体は女性、性自認は中性なXジェンダー。恋愛対象は女性です。パニック障害とうつ病を克服中。

こんにちは、鏡です。

窓の外を眺める猫

今日は晴れたね

今回はうちの猫の話です。

下記クリックで好きな項目に移動

ビッグな名前

見た目は完全にアメショー、血統書はスコティッシュフォールド。名前は安寿です。

元宝塚歌劇団花組トップスター安寿ミラさんから拝借いたしました。

今年の夏に生まれた子なので、まだ4ヶ月ほどの子猫です。

先月うちにお迎えしたときはもっと子猫らしかったのですが、それも束の間。

あっという間に猫としての貫禄が出てきました。

目をつぶっている猫

すぴー

静かだなーと思っていると、どこかで何かやらかしている彼女。

今朝はとうとう観葉植物を落として鉢を割った模様。

犬の場合は、叱ると反省するのが判るんだけれども猫って全く反省しないんだな…。

それどころか、名前を呼んでも来ないし、撫でようとすると避けられるし、すり寄ってくるのはごはんの時間と、構ってほしい時だけ。

だがそこがいい。

前足が器用でかわいい

ハムスターみたいに顔を洗うのが可愛すぎてずっと見ていられる。


こんな感じに親バカを発揮して写真と動画を撮りまくっている私。

運動会やなんかで、必死にカメラを構える親御さんの気持ちが少しだけ理解できた気がします。

これからの人生は、立派な猫の奴隷になれるよう精進したいと思います。

まとめ

今後も安寿さんについての記事を更新しようと思っておりますので、「まーた親バカか!」とぬるく見守っていただければ幸いです。

また「ウチの子も可愛いでしょ自慢」もぜひぜひ、よろしくお願いいたします!

ブログ、Twitter、フェイスブックページ、いつでもどこでも募集しております。

今回、まったく中身のない記事で申し訳ないです。猫について書く際はIQ低下しているので勘弁してください。

だってかわいいんだもんな。

この記事を書いている人 - WRITER -
ひたすら90年代の宝塚歌劇を愛する。文章を書くのが好きな20代。身体は女性、性自認は中性なXジェンダー。恋愛対象は女性です。パニック障害とうつ病を克服中。

Copyright© 鏡亭 , 2016 All Rights Reserved.