あっさり簡単!親が離婚したので分籍届を出してきた

あっさり簡単!親が離婚したので分籍届を出してきた


こんにちは、鏡です。両親が熟年離婚しました!

そもそも私の家庭はいわゆる機能不全家庭ってやつで、散々な思いをしてきた子供時代の私からしたら「もっと早くしてくれれば…」って感じなんですけど。

まぁ、ドス黒い感情は置いておいて!

両親が離婚届を出したあと、私も分籍届を出してきました。

親が離婚したあとの戸籍にまつわるエトセトラ

そもそも戸籍というのは親子関係を表すものです。父母、子までしか記載されません。それ以上も以下も記載できないのです。

私の場合は、母が離婚に伴って元の旧姓の戸籍(祖父母の戸籍)へ戻ったため、私だけが父の戸籍に取り残された状況になったんですね。

この時、母を戸籍筆頭者とした新しい戸籍を作り、私がそこに転籍する方法も取れました。

離婚した後に旧姓を名乗るか今の姓を名乗るかは自由なので、母が旧姓に戻らないのであれば、母の戸籍に入ろうと思っていたのです。

が、まぁ、フツーに考えて嫌ですよね。

私は私で母の旧姓を今更名乗るのも面倒だったので(これが未成年なら話は別だったかも)、母だけ元の戸籍へ、ということになりました。

でも、私も父と同じ戸籍にいるのが嫌だったんですよ。

夫婦の縁は切れても、親子の縁は絶対に切れません。

とはいえ少しでも距離を置きたい。

それで、なにかいい方法はないかなー、と模索していたら、ありました。分籍届。

分籍届を出すメリット・デメリットは?

分籍届を出すことで、親の戸籍を離れて、自分を筆頭者とした新たな戸籍を作成することができます。また同じ市区町村内であれば戸籍謄本の添付も不要なため、かかる費用も無料です。

メリット

  • すがすがしい気分になれる
  • 元の戸籍には線を引かれるため、父の戸籍に傷を付けることができる(あくまで私の場合)
デメリット

  • とくになし。しいて言えば、ワケアリかな?と勘繰られる(考えすぎか)

見て分かる通り、何か特別なことが起こるわけではありません。心理的な面でスカッとする程度です。

ただ、うちの場合、父の連絡先も知らないので、何か戸籍絡みの手続きをすることになった場合を考えると、先に分籍しておかないと厄介かな、とも思ってのことでした。

身の危険がある場合は閲覧制限を掛けることもできる

DVや虐待などをされた経験があり、親に居場所を知られたくないといった場合、住民票や戸籍に閲覧制限を掛けることもできます。

最寄りの警察署へ電話で相談すれば話を聞いてもらい、その必要性があると判断された場合には、役所で手続きをして、本人以外が住民票を取ったり戸籍謄本を取ったりすることを不可能にできるのです。

分籍届には新たな本籍地(どこでもいい。札幌ならテレビ塔とかでも可)を記載する枠があり、ここにフェイクの住所を置くことで、現在の住所を調べづらくする方法もあります。

何はともあれ、身の危険を感じて分籍を検討なさっているかたは、まずは警察へ電話してくださいね。役所に直行しても、「まずは警察へ電話を~」と言われます。

実際に分籍届を出した感想

区役所の戸籍住民課へ行くと、婚姻届や離婚届しか出ていなかったので「分籍届1通お願いします」と頼めばすぐに出してきてくれました。

記載すること

  • 元の戸籍筆頭者名
  • 分籍する人の名前
  • 2人の関係性(長女、二女、長男、二男など)
  • 届出人の名前
  • 元の本籍地
  • 新たな本籍地
  • 捺印

書いた後は、窓口に提出すればOKです。

いやぁ、少しだけスカッとしましたね。少しだけですけど。

一度分籍してしまうと、もう二度と元の戸籍には戻れませんので、そこだけ注意してくださいね。

あっさり簡単!親が離婚したので分籍届を出してきた

鏡が参考にしている電子書籍

私はブログを収益化するにあたって、だいぽんさんの考え方を参考にしています。ネットで何かしよう!という人にとっては、事細かな「思考」や「感覚」に気づくことができて、とてもタメになります。

以下の考えを捨てきれない人は読まないでください。
・労働が好きな人
・お金は汗水たらして得るものだと考える人
・たとえ障害を持っていても労働をすべきだという人

だいぽんさんは、学生の頃に両親がパチンコで大きな借金をして、過酷な生活を強いられていました。そこから半年で100万円稼ぎ、27歳の頃には年商1億もの大金を稼ぎだした、とんでもない人です。

ネットでビジネスを行うにあたって、収入源を分散させる…などといった基本的な考え方を学べます。

とはいえ、とても親しみやすい語り口なのでサクサク学べること間違いなし!

現在無料キャンペーン中とのことです。少しでも自由な人生に憧れるかたは、乗り遅れないうちにぜひどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひたすら90年代の宝塚歌劇を愛する。文章を書くのが好きな20代。身体は女性、性自認は中性なXジェンダー。恋愛対象は女性です。パニック障害とうつ病を克服中。