古いMacbookを再活用。Linux ubuntuをインストールしたよ!

古いMacbookを再活用。Linux ubuntuをインストールしたよ!


こんにちは、古いMacBookの活用方法を考えていた鏡です。

私の愛用していたMacbook 2008 earlyはOS X 10.7.5でアップグレードを打ち切られ、今では最新のGoogle Chromeさえ動かないモデルとなっております。

ほぼ10年前のモデルだからね、しかたないね。

しかしせっかくのラップトップ。どうにか有効活用できないか考えました。

OSだけ入れ替えて使えばいいのでは?

文章を打ったりブログの更新をしたりするには十分なスペックを持っているのに、使わないでおくのはもったいない!

でもOSのインストールディスクは新しく購入しなければならないのかー、と考えていたその時。

MacでもなくWindowsでもなくて、もうひとつOSがあった気がする。

なんだっけ。そうだ、Linuxだ。

Linuxとは誰でも開発に携わることができるOSで、ほとんどのディストリビューションが無償で提供されている。今回、私がインストールすることにしたLinux Ubuntuでは、有志のコミュニティによる日本語サポートも手厚い。

さっそくインストール方法を調べてみる

既存のOSを書き換えるか、HDDの空きに別個インストールして、デュアルブートするかの選択肢。

せっかくならMacも使えるままでLinuxを触ってみようと思い、デュアルブートすることにしました。

デュアルブート
1つのパソコンに2つのOSを入れておいて、1台で好きな方のOSを使えるようにしておくこと

DVD-RにLinux Ubuntuを焼く

インストールするために、isoファイルなるものをダウンロードして、データ用DVD-Rにコピー。

今回ダウンロードしたのはLinux Ubuntu 16.04です。

前述した通り、日本語でのサポートが手厚いのと、無償のディストリビューション(OSのバージョンみたいなもの。ポケモン赤・緑・ピカチュウ的な)なので、初心者に優しいかなー、と思って選びました。

こちらのページからダウンロードできます。

要求メモリが2GBなので、かなり古いパソコンでも動くんじゃないでしょうか。

とりあえず、私のMacbookではサクサク動きます。

好きなOSを選んで起動できるようにする

rEFIndというブートローダーをインストールして、macでもlinuxでも好きな方を起動できるようにします。

ダウンロードはこちらのページからどうぞ。

インストールしたら、パソコンを何度か再起動してみてください。

いつもの起動画面ではなく、OS選択画面が表示されればインストール成功です。

MacbookでLinuxを起動してみた

Ubuntuデスクトップ画面

おお〜!ちゃんと起動しました。

もう、ヌルヌルサクサクです。Mac OSじゃ使えなかったアプリも対応してるし、言うことないです。

使ってりゃ慣れるし。しばらくは思いっきりLinuxを堪能してみたいと思います。

古いMacbookを再活用。Linux ubuntuをインストールしたよ!

鏡が参考にしている電子書籍

私はブログを収益化するにあたって、だいぽんさんの考え方を参考にしています。ネットで何かしよう!という人にとっては、事細かな「思考」や「感覚」に気づくことができて、とてもタメになります。

以下の考えを捨てきれない人は読まないでください。
・労働が好きな人
・お金は汗水たらして得るものだと考える人
・たとえ障害を持っていても労働をすべきだという人

だいぽんさんは、学生の頃に両親がパチンコで大きな借金をして、過酷な生活を強いられていました。そこから半年で100万円稼ぎ、27歳の頃には年商1億もの大金を稼ぎだした、とんでもない人です。

ネットでビジネスを行うにあたって、収入源を分散させる…などといった基本的な考え方を学べます。

とはいえ、とても親しみやすい語り口なのでサクサク学べること間違いなし!

現在無料キャンペーン中とのことです。少しでも自由な人生に憧れるかたは、乗り遅れないうちにぜひどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひたすら90年代の宝塚歌劇を愛する。文章を書くのが好きな20代。身体は女性、性自認は中性なXジェンダー。恋愛対象は女性です。パニック障害とうつ病を克服中。