【動画付】牙・八重歯の作り方を紹介するよ。コスプレに最適!


こんにちは、最近コスプレにハマりだした鏡です。

私がコスプレしようと思ったのは、鬼灯の冷徹という漫画の主人公、鬼灯。

見ていただければ分かる通り、人間ではなく鬼です。

着物や帯などは縫えば出来るので問題なく制作に取り掛かれたのですが、ツノとキバには苦戦しました。

それでもツノは紙粘土で完成させることができまして、一番悩んだのがキバです。

既製品は高いし、評価もまばらだし、何かないか…と。

そんなこんなで、自作してみました。

ハロウィンや仮装なんかでドラキュラをやったり、私と同じく鬼のコスプレをするかた向けに、備忘録を書いておきます。参考になれば幸いです。

用意するもの


  • 百均のネイルチップ(画像はダイソーのもの)
  • 入れ歯安定剤(ポリグリップなど)
  • ハサミ(普段使いのものでOK)

入れ歯安定剤はドラッグストアで400円ほどだと思います。

既成品のキバを買おうとすると、メルカリで300円以上、楽天では1,000円以上したりするので、ネイルチップの枚数を考えればこれだけでもお得ですね。

自分の歯に合うチップを探す

材料を揃えたら、まずはネイルチップを開封して、自分の犬歯に合う大きさを探します。

ここから先の作業は、ちくいち自分の歯にネイルチップを当てながら行う方がうまくいきます。

その際、ネイルチップの丸みを帯びた方を歯茎の付け根側に当てるようにしてください。牙としてとがらせるのは、爪の甘皮部分にあたる、平らな方です。

ハサミで形を整える

歯に合うネイルチップを見つけたら、早速キバを作っていきます。

思い切って尖らせる方が見栄えがしてカッコいいですよ。

形を整える際には、外側部分を長く、内側部分を短くしてやるとそれっぽく見えます。

また、気になるかたは、口の中を傷つけないように、爪ヤスリなどで鋭い部分を無くしてあげましょう。

カッコいい牙の完成!!

あとは、できたキバに入れ歯安定剤を付けて犬歯にくっつけます。

30秒くらいくっつけてあげると、喋っても平気なくらいにくっつきます。

……これ、ちょっと絞りすぎました(笑)もう少し控えめで大丈夫です。あまりつけすぎると歯医者さんの味がしてきます。

そして、完成したのがこれです。

せっかくなので鬼灯コスチュームで撮ってみました。お手軽に作れるわりに、なかなか様になる牙じゃありませんか?

コスプレで牙のあるキャラクターをやりたい!と思っているかたは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

10分程度の動画でも解説してみたので、併せて参考になれば幸いです。

(ツイキャスという動画配信アプリで生放送してたので、テンション低めですが怒ってるわけじゃないですw)

それでは!




鏡が参考にしている電子書籍
『自由な人生を手に入れる教科書』

私はブログを収益化するにあたって、だいぽんさんの事細かな「思考」や「感覚」を参考にしています。

だいぽんって誰?というかたはこちら

この書籍では、ネットでビジネスを行うにあたっての基本的な考え方を学べます。とても親しみやすい語り口なのでサクサク学べること間違いなし!

現在無料キャンペーン中とのことです。乗り遅れないうちにぜひどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひたすら90年代の宝塚歌劇を愛する。文章を書くのが好きな20代。身体は女性、性自認は中性なXジェンダー。恋愛対象は女性です。パニック障害とうつ病を克服中。