Macbook pro 2012midモデルのHDDとメモリを換装したよ

Macbook pro 2012midモデルのHDDとメモリを換装したよ


こんにちは、macbook pro 2012midをジャンク品で手に入れた鏡です。

HDDとメモリ不調とのことでめちゃくちゃ投げ売りされていたので、自分で修理して使おうと思い立ちました。

用意するもの

  • 精密ドライバー +00
  • トルクスドライバー T8

必要なのは、この二つです。あとは交換するためのメモリとHDDですね。

今は百均などでも工具の取り扱いがありますが、私はネジを傷めたくなかったため、ホームセンターへ走りました。大した値段もしないので、安さより安全を取った感じです。

さっそく分解していく

Macbookを裏返して、10個のネジを精密ドライバーで外していきます。

3つだけ長いネジがあるので覚えておきましょう。

ネジは反時計回りにまわすと外れます。かたくて動かない場合は、一旦、少しだけ時計回りに締めてから外すと上手く行きます。

まずはHDD

購入時に受けた説明では、起動時にHDDから異音がするのと、エラーを吐いてOSが起動しないとのことだったので、もともと500GBだったHDDを、新しいものへ換装しました。ゆくゆくはSSDにしたいですね。

HDDの下方に見える、留め具のバーを外します。ここも精密ドライバーでOKです。

HDDを接続されているコネクタから外したところです。ささっていたとおりに新しいHDDをさし直せば換装完了です。

HDDについているカバーなどは、トルクスドライバーを使ってネジを外したり締めたりします。

メモリーの交換

HDDの換装は楽ですが、メモリは少しの静電気でダメになるので扱いが難しいです。

あらかじめ金属に触るなどして身体から放電しておきましょう。

剥き出しになっているメモリですが、留め具のツメを開くと斜め上向きに飛び出してくるのでそれを引っこ抜いて新しいものと差し替えます。

4GB分のメモリがささっていましたが、8GBに増設しました。

ここでうまくささらないと、PCが起動しません。その状態で電源を入れると液晶が暗いままピーピーと音がするので、必ずしっくりくるようにパチンとはめます。

あとは蓋のネジを締め直して、動作確認をすれば作業完了です!

動作確認をしてみる

起動時の異音(ギャッギャッギュイーンって感じ)が改善されませんでした。他のパーツの不具合なのでしょう。

ただ起動時に異音がするだけなので今のところ特に気にしていません(笑)

OSも入れ直して、最新のhigh sierraまで引き上げました。何の問題もなく、快適に使用できています。

自分で直せる程度の不具合品を格安で手に入れて、修理に成功すると気持ちがいいですね!

ケースやキーボードカバーなんかも揃えて、可愛がりたいと思います。

Macbook pro 2012midモデルのHDDとメモリを換装したよ



鏡が参考にしている電子書籍
『自由な人生を手に入れる教科書』

私はブログを収益化するにあたって、だいぽんさんの事細かな「思考」や「感覚」を参考にしています。

だいぽんって誰?というかたはこちら

この書籍では、ネットでビジネスを行うにあたっての基本的な考え方を学べます。とても親しみやすい語り口なのでサクサク学べること間違いなし!

現在無料キャンペーン中とのことです。乗り遅れないうちにぜひどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひたすら90年代の宝塚歌劇を愛する。文章を書くのが好きな20代。身体は女性、性自認は中性なXジェンダー。恋愛対象は女性です。パニック障害とうつ病を克服中。