500円でできた!ギターの裏板割れ修理 Part.2 + クラギ弦交換

ギターの裏板修理日誌Part.2 + α


こんにちは、鏡です。

引き続き、ギターのボディ割れ修理をおこなっていきます!

500円でできた!ギターの裏板割れ修理 Part.1

2016.12.25

前回は、割れてしまった木の隙間をタイトボンドで埋めたあと、裏板の歪みを矯正するための重しに広辞苑を載せて、半日ほどギターを放置しました。

補足
板に段差がついたまま接着されてしまう可能性のある荒療治ですので、本の重さにはかなり神経を使って、載せる冊数を調整しました

一晩明けて、朝

半日寝かせた後の様子が下の画像です。

ボンドを半日乾燥させたギター

塗装をしていないこともあり、一番大きな亀裂が走った箇所はボンドで固めても傷跡がハッキリ判別できますね。

他の2ヶ所は程度が軽かったので、これくらい遠目からだと目立ちません。

そして、ここで新たな問題発生。

これでもかと塗り込んだはずのボンドが乾燥させたせいで目減りしてる!

タイトボンドを亀裂に2度塗り

二度塗りするしかあるまい!

ちなみに、裏板の歪みは広辞苑のおかげでスッキリ解消されました。

めでたしめでたし。

再び半日が経過

乾かさないことには作業が進みませんので、じっくり待ちます。待ったあとは、再び目減りチェック。

塗るたびに改善はされてゆくもののなかなかに減り続けました。

凹んでいるところには、繰り返し、ボンドをしつこく流し込みます。

作業の一番初めにカッターを使って傷口を整えたつもりだったのですが、それでもまだ、綺麗に流し込むには整え方が足りなかったようです。

3度目くらいのボンド重ね塗り

ここまで来ると根気勝負です。

乾燥させつつ、隙あらば様子を観察してボンドを追加します。

完成!

作業開始から3日経過して、やっとボンドの目減りが安定。

思ったより作業時間が掛かりました。

ギター修理完了後の裏板画像

なんだか、手塚治虫先生のブラックジャックみたいな傷痕になりましたね。塗装をしてもらえば、周りの色に合わせて傷を目立たなくすることもできると思います。

が、これはこれで味があっていいかな!と致命的な問題が生じない限りはこのままにしておく予定です。

あとは乾燥に気をつけて扱ってあげることでまだまだ現役で使える1本だと思います。

弦交換をしよう

今回、クラック(=割れ)を修理するにあたり弦をすべて外したので、もちろんのこと、新しく張らなければギターを弾けません。

張ります。

ギターの上に交換用の弦

すでに2セット分のナイロン弦を過去の自分が購入していました。

チューニングにはSEIKOさんのデジタルチューナーを使用します。

クリップ式だと手軽に扱えるので、愛用してます。

さて早速張ろう、と弦を取り出してみると4弦だけ見当たらないアクシデント発生。

何でや!

全く記憶にない過去を推測するに、クラシックギターの弦交換はアコギやエレキギターと方法が違うため、過去の私は4弦の交換に立て続けに失敗して心が折れた名残を、ひっそりと仕舞いこんでいたようです。

買ってきた4弦(2セット)

ARIAの弦が店頭になかったため、オーガスチンの4弦を見繕ってきました。セットで買ってきても良かったかなぁ。

店員さんに弦の種類を確認してもらったり店内も色々と見て回れたので、楽器屋を久しぶりに満喫できて楽しかったです。

作業再開

夜遅くなってしまったため、日を跨いで弦張り続行。

弦交換完了

綺麗に張れました!

弦を張ったギター全体図

今回、はじめてガットギターの弦を張るにあたりTab Stock 様を参考にさせていただきました。

知りたいコツが画像と共に分かりやすく紹介されており、とても助けていただきました!

弦の張り方については以下のリンクより直接ご覧いただけます。

わかりやすいクラシックギター弦の張り方

本当にありがとうございました。

まとめ

何年振りかにケースを開けて触ったギター、やはり手間をかけると愛着が湧くもので、これからまたギターを練習しようかなという気がふつふつと起こってきました。

もう3年くらいブランクがあるので、まずは指先を固くするところからですね。

ギターのヘッド画像

前パートに引き続き、ここまでお読みいただいてありがとうございました!

ギターの裏板修理日誌Part.2 + α

鏡が参考にしている電子書籍

私はブログを収益化するにあたって、だいぽんさんの考え方を参考にしています。ネットで何かしよう!という人にとっては、事細かな「思考」や「感覚」に気づくことができて、とてもタメになります。

以下の考えを捨てきれない人は読まないでください。
・労働が好きな人
・お金は汗水たらして得るものだと考える人
・たとえ障害を持っていても労働をすべきだという人

だいぽんさんは、学生の頃に両親がパチンコで大きな借金をして、過酷な生活を強いられていました。そこから半年で100万円稼ぎ、27歳の頃には年商1億もの大金を稼ぎだした、とんでもない人です。

ネットでビジネスを行うにあたって、収入源を分散させる…などといった基本的な考え方を学べます。

とはいえ、とても親しみやすい語り口なのでサクサク学べること間違いなし!

現在無料キャンペーン中とのことです。少しでも自由な人生に憧れるかたは、乗り遅れないうちにぜひどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひたすら90年代の宝塚歌劇を愛する。文章を書くのが好きな20代。身体は女性、性自認は中性なXジェンダー。恋愛対象は女性です。パニック障害とうつ病を克服中。