ムームードメインからXdomainへ移管した話

サイトのドメインをムームードメインからXdomainへ移管した話


こんにちは、鏡です。

「ドメインという言葉は耳にするけど、いったい、それが何なのかまではよくわかっていない」というかたは少なくないと思います。実は私もそうでした(笑)

ですが、これからブログを始めるかたやサイトを作りたいと思っているかたには、ごく基本的な知識になります。

今回は、私のようなサイト運営へ片足突っ込んだは良いけど用語に横文字が多すぎて心が折れそうな、かた向けに、できるだけ言葉を噛み砕いて1つずつ説明したいと思います。参考になれば幸いです。

まずは「ドメイン」と「移管」というそれぞれの言葉の意味から詳しく見ていきましょう。

「もう知ってるよ~」
「移管の方法だけ知りたい」

というかたは、お手数ですが下の目次から目的の項へジャンプをお願いします。

「ドメイン」を「移管」?

ドメインについては、以前、Google Adsenseについての記事を書いたときにも触れましたが、改めて説明させて頂きます。

グーグルアドセンスに一発合格するために必要なものは?

2017.01.10

「ドメイン」とは、あなたのサイトがあなた唯一のものであることを示す、とても大切なネット上の住所です。

うちのURLでいうkagamitei.comという箇所のことです。有名なサイトのアドレスでいうとyahoo.co.jpやgoogle.comの部分ですね。

基本的に、一度取得したドメインは更新料を払い続ければずっと使い続けることができます。

では「移管する」とは、いったい何なのでしょう。ここまで引っ張っておいてアレですが、そんなに難しいことじゃないんです。

「ドメインを管理してもらう会社を変更します」という意味です。

なぜ移管するのか

よくある理由は2つです。

  • ドメイン更新費用が安く済む
  • 1つの会社でドメインとサーバーを一緒に借りるとお得なサービスがある
などなど。

私の場合は後者です。
Xdomainの無料レンタルサーバーに関する優遇サービスを受けたくてムームードメインから移管しました。

ドメインの料金自体はムームーの方が安いのですが、エックスドメインに移管することで元々Xドメインで借りていた無料レンタルサーバーの容量が他社ドメインの人よりUPしますよ!というお得なサービスを見つけまして。

そして更に、他社ドメインでは有料サービスであるメール機能が無料で使えるようになりました。

初めから下調べをしていれば、ドメインはムームーではなくXドメインで取得したのにな~と、ちょっと後悔です。まあ、これも勉強代でしょうか。

移管の準備

さて、上記の2項目では「ドメインを移管する」という言葉の意味と、「移管する理由」を説明しました。

ここからは、実際にムームーからXdomainへドメインを移管する手順についての説明です。

最初に確認すべきこと

そのドメインは、取得してから60日以上経過していますか?

まだ借りて間もないドメインは移管できません。もう少し待ちましょう。

WHOIS情報の変更

ドメインを契約してから特に設定をいじっていなければ、ムームーから提供される代理情報があなたのドメイン登録者情報としてネットに公開されています。

ムームードメインwhois情報変更1

移管する際は、これを一時的に自分の情報に変更する必要があります。ムームードメインへログインして、移管したいドメインのコントロールパネルを開いたら青い「whois情報変更」ボタンをポチッとな。
すると下記の画像のようになります。

ここで公開情報を変更します。

手続きに必要な認証キーを受け取るのにWHOIS情報が代理情報のままでは、メールアドレスが自分のものではないため手元へ届きません。

whois情報が変更されると、下の方に認証コードが表示されます。コピーして、Xdomainのページへ移動しましょう。

そしてこの移管作業中、長くて数日の間ですが、検索しようと思えば検索できる場所に個人情報を晒す必要があります。

絶対に個人情報を晒したくない!というかたは、今のドメインを手放して、移管先に考えている会社で新しく取得するのがいいと思います。

Xドメインで移管手続き

ムームーのWHOIS情報の変更後に取得できた認証コードを、Xdomainの移管申請ページで自分のドメインが移管可能か確認した後、下記の画像の赤枠に入力します。

Xdomain移管申請ページ

私は既に会員登録をしていたので、支払い情報などを入力すればあとは待つだけ、になりました。

ここから数時間ほど経つと『トランスファー申請に関する確認のご連絡』という件名でムームーとエックスドメインから1通ずつメールが届きます。

トランスファー申請=移管手続き申請です。
(何でも横文字にしなきゃいけない決まりでもあるんでしょうか)

それぞれのメールに記載されているURLから、最後の確認をして移管完了です!

まとめ

出てくる用語が難しいだけで、手続き自体はサクサク終了しました。これで、しばらくは有料サーバーのことを考えなくていいかな、という感じです。

めっちゃ安くて使い勝手がよかったので、Mixhostでサーバー契約しちゃいました。

【独自SSL無料】Xdomainからmixhostへのサーバー移転を解説したよ

2017.05.25

ちなみに、アドセンス収益の方はこんな感じです。

それでは、ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

サイトのドメインをムームードメインからXdomainへ移管した話

鏡が参考にしている電子書籍

私はブログを収益化するにあたって、だいぽんさんの考え方を参考にしています。ネットで何かしよう!という人にとっては、事細かな「思考」や「感覚」に気づくことができて、とてもタメになります。

以下の考えを捨てきれない人は読まないでください。
・労働が好きな人
・お金は汗水たらして得るものだと考える人
・たとえ障害を持っていても労働をすべきだという人

だいぽんさんは、学生の頃に両親がパチンコで大きな借金をして、過酷な生活を強いられていました。そこから半年で100万円稼ぎ、27歳の頃には年商1億もの大金を稼ぎだした、とんでもない人です。

ネットでビジネスを行うにあたって、収入源を分散させる…などといった基本的な考え方を学べます。

とはいえ、とても親しみやすい語り口なのでサクサク学べること間違いなし!

現在無料キャンペーン中とのことです。少しでも自由な人生に憧れるかたは、乗り遅れないうちにぜひどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひたすら90年代の宝塚歌劇を愛する。文章を書くのが好きな20代。身体は女性、性自認は中性なXジェンダー。恋愛対象は女性です。パニック障害とうつ病を克服中。