ヅカを知らないひと向け~宝塚歌劇団のざっくりとした解説

ヅカを知らないひと向け~宝塚歌劇団のざっくりとした解説


知人から「宝塚って何がいいの?」というありがちな質問を受けました。

一言でいうなら好きなスターさんを追いかけるのが楽しいのですが、見たことのない人からすれば、それすら「よくわからない気持ち」ですよね。

「みんな同じ顔じゃん」…そうなんだよね、最初は。

そんなわけで、宝塚をよく知らないかた向けの指南書です。

初めて観るなら、ショー>芝居

多くは、芝居とショーの二本立てとなっていますが、大作ミュージカルといわれる『ベルサイユのばら』や『風と共に去りぬ』などは一本まるまるお芝居です。

はじめて宝塚を見に行くのであれば、芝居だけの一本ものはオススメできません。

よほど興味のある演目でない限り、眠くなります。舞台化粧に慣れていないと役者の顔の判別がつかないので、尚更です。

脚本関係なく楽しむためにも、ショーのある演目を見に行きましょう。

ヅカを初めて観に行く人を連れて行く場合も、ここさえ抑えればリタイア率が下がると思います。

ベルばらはやめておこう!~初めての宝塚観劇

2016.11.22

花組?月組?組って何?

現在、宝塚歌劇団には花組、月組、雪組、星組、宙組という5つのグループがあります。

これは劇団の持っている劇場で通年公演を行うために分けられています。兵庫と東京のどちらでも、絶対に公演が行われているのです。

組ごとの特色はあるの?

各組のトップスター(主演男役)の持ち味が、組全体の特色として語られることが多いです。

宝塚は作品の前にスター役者ありきなので、それに合わせた公演が作られます。

歌が得意なら歌を多く、ダンスが得意ならダンスシーンをふんだんに取り入れる、などといった風に。

こうして、必然的に目立つ役者の色が観客に印象付けられるのです。

ですから、「〇組だからこう!」ということはあまりありません。スター役者の持ち味によって、特色が変わります。

ちなみに、女優の真矢ミキさんは花組出身、大地真央さん、黒木瞳さん、天海祐希さん、檀れいさんは月組出身です。

男役と娘役

大きいのが男役で小さいのが娘役です。ただ、最近では165cm超えの娘役さんもいらっしゃるため、徐々に差がなくなってきています。

男役といえども女性なので、180cmを超えるタカラジェンヌはそうそういないですからね。

また、宝塚といえば男役至上主義ですが、男も女も女性が演じているために、娘役は無くてはならない存在です。より可愛らしく、声は高く、横にいるだけで男役を引き立てるのです。

特殊なチケット入手方法

100年以上の歴史を持つ宝塚歌劇団が、未だに「秘密の花園」だの「知られざる〇〇」などと銘打たれるように、舞台を観に行くまでが一苦労だったりします。チケットの入手方法が複雑です。

全国ツアー公演といって、各地を回る地方公演はLチケなどでも取り扱いされている場合が多いです。とりあえずどんなものか観に行きたいのなら、これを狙うのが堅実かもしれません。

友達にヅカファンがいるならチャンス

あなたは幸運です。ぜひ連れて行ってもらいましょう。

チケットを頼んでおいてドタキャンするのだけは厳禁です。それ以降、取り次いでもらえることはないと思ってください。それくらい、チケットを取るのが難しい公演もあります。

やっぱり敷居が高い?

独特の組織なので、取っ付きにくいのは仕方ないなあと思います。ここには書いていませんが、ファンクラブも特殊です。

既存のヅカファンは新規ファンが増えると喜びます。身近なファンに「ちょっと観てみたいんだけど」と声を掛けるのが一番の策かもしれません。

実際に観に行く前に、SNSなどで情報収集してみるのも手です。

ヅカを知らないひと向け~宝塚歌劇団のざっくりとした解説

鏡が参考にしている電子書籍

私はブログを収益化するにあたって、だいぽんさんの考え方を参考にしています。ネットで何かしよう!という人にとっては、事細かな「思考」や「感覚」に気づくことができて、とてもタメになります。

以下の考えを捨てきれない人は読まないでください。
・労働が好きな人
・お金は汗水たらして得るものだと考える人
・たとえ障害を持っていても労働をすべきだという人

だいぽんさんは、学生の頃に両親がパチンコで大きな借金をして、過酷な生活を強いられていました。そこから半年で100万円稼ぎ、27歳の頃には年商1億もの大金を稼ぎだした、とんでもない人です。

ネットでビジネスを行うにあたって、収入源を分散させる…などといった基本的な考え方を学べます。

とはいえ、とても親しみやすい語り口なのでサクサク学べること間違いなし!

現在無料キャンペーン中とのことです。少しでも自由な人生に憧れるかたは、乗り遅れないうちにぜひどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ひたすら90年代の宝塚歌劇を愛する。文章を書くのが好きな20代。身体は女性、性自認は中性なXジェンダー。恋愛対象は女性です。パニック障害とうつ病を克服中。