暮らしや美容についてのお得情報を発信しています!

【2021】一人暮らしでヨシケイを利用するメリット&デメリットを徹底解説

WRITER
 
一人暮らしでヨシケイを利用するメリット&デメリットを徹底解説
この記事を書いている人 - WRITER -

ヨシケイを一人暮らしで注文する際のメリットやデメリットを、実際の感想を交えながら紹介しています。一人暮らしにおすすめなメニューや料金についても、ポイントを押さえて分かりやすく解説しました。

ヨシケイは一人暮らしでも注文可能

一人暮らしでヨシケイを利用する際のメリットデメリット、価格を一挙解説!

ヨシケイはさまざまなライフスタイルの方に合わせた注文コースを展開しています。一見、主婦やママさん向けのようなイメージを持って気後れしてしまう方もいるかもしれませんが、男女関係なく一人暮らしでも注文できます。

土日を除いた5日分のメニューを考えない&買い物へ出ずに済むため、むしろヨシケイをうまく利用することで時短や節約の実現も可能でしょう。

用意されている4つのメニューブックを簡単に紹介

ヨシケイには「メニューブック」と呼ばれる注文コースが4つ用意されています。

さらにそれぞれのメニューブックでは、ライフスタイルに合わせた「メニュー」が1〜10種類のコースとして展開されています。

全てを紹介すると分かりづらくなってしまうので、ここでは一人暮らし向けの情報をメインにピックアップしていきます。

すまいるごはん

ヨシケイの看板ともいえるメニューブックです。
家庭料理な献立がメインで、1人用(日々の1食分)から注文できるメニューがあります。

Lovyu(ラビュ)

レストランやカフェなど、外食風のリッチな食卓を楽しめるメニュー。
とはいえ、ずば抜けて料金が高いということもなく、献立が20〜30代向けというメニューです。

和彩ごよみ

健康に気を使う方のためのメニュー。
野菜不足が気になるオトナ世代やシニアの方に向けた展開です。
1人用から注文できるメニューもあります。

ヘルシーミール

カロリーや糖質、塩分制限をされている方に向けて管理栄養士が監修するお弁当です。
冷凍されているのでそのままストックしておくことができ、いつでも簡単に食事をとることができます。

一食分だけ注文したい方が注文できるメニューは2つ

数多くのメニューが展開されているヨシケイですが、「一人暮らしで夕食分だけ注文したい」という方におすすめなのは、すまいるごはんの「Y*デリ(ヨシケイ*デリカ)」か和彩ごよみの「ライト(シニア向け)」メニューです。

メニュー名1食あたりの料金1ヶ月20食分の料金
Y*デリ(ヨシケイ*デリカ)約770円約15,400円
ライト約780円約15,600円
※注文する地域によって食材の値段が変動するため、あくまで目安です。

普段からしっかり値段を見て買い物をし、自炊している方には割高な値段ですね。
いつも外食してしまったり、ウーバーイーツなどで出前を頼んでしまったりするのならヨシケイの方がお財布に優しいです。

また、2食分からの注文を受け付けているメニューも必ず毎日頼む必要はなく、好きな日数を選ぶことができます。

二食分以上をまとめて注文したい方にはこれがおすすめ

「夕食と翌日のランチ用に、二食分あったら助かる!」という学生さんや働き盛りな世代には、すまいるごはんの「プチママ」か「Cut Meal(カットミール)」メニューがおすすめです。

メニュー名1食あたりの料金1ヶ月20食分の料金
プチママ約560円約11,200円
Cut Meal(カットミール)約620円約12,400円
※注文する地域によって食材の値段が変動するため、あくまで目安です。

Y*デリやライトよりも経済的なので、ついコンビニで済ませてしまう方には値段も栄養もありがたいメニューです。

プチママは1週間ごとの注文になりますが、カットミールは1日ごと好きな日数で注文することができます。

一人暮らしでヨシケイを利用すると料金が高い?

ヨシケイに限らず、食材宅配系は高いイメージがあると思います。
それは決して間違いではなく、毎日スーパーで食材を吟味して、しっかりと自炊をしている方にとってはその通りです。

ただし、普段から外食や出前が多かったりコンビニで済ませてしまう方にとっては、節約と栄養管理ができて一石二鳥なメニュー展開となっています。

ヨシケイはこんな一人暮らしの方におすすめ!

外食を控えて自炊したい方

自炊をしたいと考えてはいるものの、献立を考えたり買い出しに行ったりする時間・手間が面倒な場合です。

毎日使い切りの食材が届くため、ゴミも少なく、上記で紹介した「プチママ」と「カットミール」は料理が苦手な方にも優しいメニューです。

日中不在or夜遅く帰宅で受け取りが不安な方

鍵付きの宅配BOXを借りることができるため、在宅で受け取る必要がありません。上記に紹介したメニューであれば、調理にかかる時間は20分以内のため、忙しい合間に時短を実現することもできます。

一人暮らしでヨシケイを注文するデメリット

食が細い女性の方は量が多いかも

シニア向けで展開されているメニューを除き、男性が食べても満足できる量が出来上がります。決して多すぎるというわけではないのですが、外食で出される一食分が多いと感じる方には量が多いかもしれません。

初回半額のお試し注文で届く量やメニューの味を確かめよう

ヨシケイでは、初回限定で50%オフの注文が可能です。

注文できるメニューはすまいるごはんの「プチママ」と「Cut Meal(カットミール)」、Lovyu(ラビュ)の「バリエーションコース」と「クイックダイニングコース」です。

プチママとカットミールに関しては、税込1食300円で注文ができますので、悩んでいる方はぜひ詳細をチェックです。
もちろん、お試し後の無理な勧誘はなく、1回きりでも心配はありません。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© カガミテイ , 2021 All Rights Reserved.